HOME > 参加団体のご紹介 > 青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動推進本部では、さらなる積極的な活動を促すとともに、青少年アンビシャス運動がより一層県民運動として広がることを目的として、特に優秀な活動を行っている団体を表彰しています。 これまでに表彰をうけた団体の概要をご紹介します。

第12回表彰団体の概要(平成26年度・11団体)

古賀ふれあいアンビシャス広場委員会

【代表者】井手 正宏 【所在地】三潴郡大木町

 大溝小学校(古賀地区)の小学生を対象に毎週火・土曜日に放課後の子どもの居場所としての広場を開設しています。
 自然体験キャンプ、農業体験などで学年縦割りの活動を仕組んだり、広場で育った中高生が広場のボランティアとして参加するなど、子どもの社会性を育成する場となっています。
 広場が核となり、地域の左義長(さぎっちょ)、夏祭りを開催するなど、広場活動が地域の中に浸透しています。「地域の子どもは地域で育てる」意識が強まり、地域の活性化、まちづくりの原動力にもなっています。

おおき祭り

おおき祭り

野外炊飯

野外炊飯

篠栗おはなし会

【代表者】一柳 より子 【所在地】糟屋郡篠栗町

 篠栗町の小学校、中学校の授業や図書館等で読み聞かせを行っている読書団体です。
 児童や生徒への読み聞かせをはじめ、学校の先生に本の選び方をお話ししたり高校の授業で生徒に読み聞かせを指導したり、20年間にわたり学校と連携した読書活動を推進しています。
 スタッフは今のスキルに満足することなく、常に向上心を持っており、毎月、勉強会を開催しています。「古典」や篠栗の昔話を取り入れるなど、常にスキルアップを目指して活動しています。

おはなしの前に楽しい手遊び

おはなしの前に楽しい手遊び

おはなし会恒例、誕生日月のお友達でろうそく消し

おはなし会恒例、誕生日月のお友達でろうそく消し

実戦空手息吹之會

【代表者】高木 淳也 【所在地】遠賀郡芦屋町

 空手を通じて、青少年の健全な心身の育成を目指している実戦空手教室です。
 練習生を対象とした準指導者、指導者制度が定着しており、上級生が年下の子どもたちを指導するとともに、体調管理や世話を丁寧に行うことで、上級生にリーダーとしての自覚が芽生えています。
 東日本大震災の復興支援活動に参加するなど、社会貢献の意識を持って活動しています。また、地域の行事や清掃活動に参加するなど、地域活動にも力を入れています。

芦屋町町民体育祭出場

芦屋町町民体育祭出場

練習風景

練習風景

大分小学校区アンビシャス広場委員会

【代表者】江島 康博 【所在地】飯塚市

 大分小学校区の小学生、中学生を対象に毎週月~土曜日に放課後の子どもの居場所としての広場を開設しています。
 老人会、まちづくり協議会など、地域の各種団体とのネットワークの中で連携して活動しており、地域全体で子どもたちを見守る体制ができています。
 広場に来る子どもたちの様子を見て、能力・資質を伸ばすような遊びを取り入れるなどの工夫をしています。活動の充実ぶりを聞いた他のアンビシャス広場からの視察交流の依頼も受け付けています。

ドミノうまく立てられるかな

ドミノうまく立てられるかな

カヌーの練習風景

カヌーの練習風景

一般社団法人地域企業連合会九州連携機構

【代表者】小早川 明德 【所在地】福岡市博多区

 企業が担うべき新しい社会的責任に特化して事業化をはかり、組織化し行動する経済団体です。
 県内100企業の協力を得て、親の職場で丸一日、子どもが職場体験をし、体験結果を発表する報告会を実施しています。親子のコミュニケーションに直接働きかける取り組みであり、家族の絆を再確認するきっかけとなっています。
 また、職場体験事業の運営スタッフとしてインターンシップ生を受け入れ、大学生のキャリア教育にも努めるなど、経済界と教育界が手を組み人材育成にも努めています。

職場体験「惣菜の場所はココ!!」

職場体験「惣菜の場所はココ!!」

職場体験報告会

職場体験報告会

なかよし倶楽部

【代表者】田中 吉晴 【所在地】北九州市小倉南区

 英会話教室を通じて「考える子育て」をテーマに活動している団体です。
 ハロウィンで高齢者施設に訪問したり地域との交流イベントを実施しています。特に地域の高齢者と子どもたちのふれあいを最重要に取り組んでいます。イベントが地域の恒例行事になるなど、地域との協力関係を構築しています。
 また、外国人が審査する英語スピーチコンテストを実施するなど、日頃の活動成果を発表する機会を設けることで、子どもの積極性を引き出しています。

地域のお宅へ

地域のお宅へ

卒業式は外国式で

卒業式は外国式で

七隈アンビシャス広場委員会

【代表者】菅間 一公 【所在地】福岡市城南区

 七隈小学校の小学生を対象に毎週木・土曜日に放課後の子どもの居場所としての広場を開設しています。
 広場の子どもたちに「あいさつをきちんとする」「靴はきちんと靴入れに入れる」などの広場の約束が浸透し、子どもたちが望ましい方向へ変化しています。
 地域や大学生、お話し会、趣味の会などさまざまな団体の協力の下、多彩な体験活動を計画的に実施しています。さまざまな体験を通して、異年齢の交流を行い、仲間づくりと仲間との協調の大切さを教えています。

ソウメン流し

ソウメン流し

ケーキ作り

ケーキ作り

日本ボーイスカウト福岡県連盟北九州第1団

【代表者】小田 房江 【所在地】北九州市八幡西区

 緑豊かな団広場を起点にキャンプやハイキングなどを行っています。
 年長から小学生・中学生・高校生・大学生・社会人と幅広い年代の男女がかかわっており、礼儀正しくたくましい青少年の育成に努めています。
 みんなと仲良く、元気に活動し自分のことは自分で行うことができるよう自立を目指し、なおかつ、将来、人のために役立つ人間になるために、技能と心を磨いています。
 一緒に活動するスカウト仲間をいつでも待っています。(事務局093-742-3856)

アンビシャス体験フェスティバルに参加

アンビシャス体験フェスティバルに参加

3人一緒ロープ回し

3人一緒ロープ回し

山川なんぶっこアンビシャス広場委員会

【代表者】江崎 智行 【所在地】みやま市

 山川南部小学校の小学生を対象に毎週木・土曜日に放課後の子どもの居場所としての広場を開設しています。
 子どもがのびのびと遊べる時間、空間、仲間づくりに努めており、在校生の7割が参加しています。子どもたちの自宅はそれぞれ遠いため、帰宅後にたくさんの友だちと遊ぶ環境として、広場が大切な居場所となっています。
 科学教室やお茶教室、警察による防犯教室など、地域の団体が広場活動に協力的で、地域密着型の体験活動を展開しています。

竹の子ほり

竹の子ほり

防犯かるた

防犯かるた

八女福島の青少年アンビシャス広場委員会

【代表者】武田 忠匡 【所在地】八女市

 福島小学校の小学生を対象に毎週水・金曜日に放課後の子どもの居場所としての広場を開設しています。
 数年前には来所者が減りアンビシャス広場の継続が難しい状態でしたが、運営者の熱意と積極的な取り組みにより学校・保護者への理解が広がったことで、再度、活性化しました。
 囲碁教室、実験教室のような地元の方の特技を生かした活動や、地元特産の八女茶を用いた茶道教室を実施するなど、地域の産業や人材を活用した体験活動が充実しています。

絵本よみきかせ

絵本よみきかせ

将棋教室

将棋教室

吉木小学校区子どもアンビシャス広場委員会

【代表者】鬼木 彰子 【所在地】筑紫野市

 吉木小学校区の小学生、中学生を対象に毎週水・金曜日に放課後の子どもの居場所としての広場を開設しています。
 当番を決めていなくても、常に多くの見守りボランティアが参加しています。子どもたちと遊ぶことが、ボランティア参加の原動力となっています。
 学校をはじめ、地域の女性会、老人会などが広場活動に協力しており、広場以外の場所でも、広場活動をきっかけに知り合った高齢者に子どもたちが声をかけるなど、子どもと地域住民の交流が進んでいます。

もちつき

もちつき

広場あそび

広場あそび

過去の表彰団体の概要