HOME > 新着ニュース > 添田町虹の会と土屋富子さんが文部科学大臣表彰を受賞しました!

新着ニュース

添田町虹の会と土屋富子さんが文部科学大臣表彰を受賞しました!

 「平成29年度子どもの読書活動推進フォーラム」(主催:文部科学省、国立青少年教育振興機構)の表彰式において、優秀実践団体として、添田町虹の会(添田町)、優秀な実践を行う個人として、土屋富子さん(吉富町)が文部科学大臣表彰を受賞されました。
 添田町虹の会は昭和63年に発足し、現在は、町立図書館だけでなく、保育園、小学校、子育て支援センター、児童館等に集う子どもや保護者に対し、年間60回以上の読み聞かせを行っています。他にも、高齢者施設への慰問や読書ボランティア養成講座の開催、布絵本制作講座開催等にも活動の幅を広げています。今回、長年の多岐にわたる読書活動の貢献が認められて表彰されました。
 また、青少年アンビシャス運動北九州地域推進部会の土屋富子委員は、「土屋ミニ子ども図書館『とんからりん文庫』」を主宰し、子育て支援センターでのおはなし会を開催されています。その他、豊前語り部の会や絵本コンシェルジュとしても活躍され、講演会や読書ボランティアへの助言等、広域的な読書活動に取り組んでいます。今回の表彰は、全国で5名の個人表彰に選ばれる快挙で、多年の読書活動に対する功績が認められました。
 添田町虹の会のみなさん、土屋富子さん、受賞おめでとうございます!

【添田町虹の会】エプロンシアター

【添田町虹の会】エプロンシアター

【土屋富子さん】絵本の読み聞かせ

【土屋富子さん】絵本の読み聞かせ