HOME > 新着ニュース > 古賀市立花鶴小学校で折り紙ヒコーキ大会の練習会が開催されました

新着ニュース

古賀市立花鶴小学校で折り紙ヒコーキ大会の練習会が開催されました

 7月25日(火)古賀市立花鶴小学校で「折り紙ヒコーキ大会」の本大会に向けた練習会が開催されました。
 この日は、体育館で花鶴寺子屋が開催されており、小学生107名が参加していました。
 まず、小学生が寺子屋で学習をしている間に、中学生21名と地域のボランティアが国分アンビシャス広場の藤田さんから、長距離を飛ぶ紙ヒコーキの折り方と滞空時間の長い紙ヒコーキの折り方の2種類を学びました。
 その後、藤田さんが小学生に折り方を教える際に、中学生や地域のボランティアが小学生の列に入り、うまく折れていない子に指導をしていました。
 折り紙ヒコーキが完成したら、みんなで飛ばす練習です。走り回ってヒコーキを追いかける子やどのように投げたらよく飛ぶか研究している子など、子どもたちそれぞれに紙ヒコーキを楽しんでいるようでした。
 古賀市では、11月26日(日)に開催される「子どもわくわくフェスタ」の中で再度練習会を行った後、1月に予選会を開催し、3月の本大会に出場する選手を決めるそうです。

小学生に指導できるよう、折り方を熱心に学ぶ中学生

小学生に指導できるよう、折り方を熱心に学ぶ中学生

子どもたちが集まり、藤田さんの話を集中して聞く

子どもたちが集まり、藤田さんの話を集中して聞く

所狭しと紙ヒコーキが舞う体育館

所狭しと紙ヒコーキが舞う体育館