HOME > アンビシャス広場 > 糟屋郡 新宮町

下府二区アンビシャス広場

●糟屋郡 新宮町

このような活動を行っています

 広場開設11年目になりました。活動が浸透した結果、ここ数年は会員の募集をすることなく入会希望者が増えています。活動は火・土曜日です。火曜日は宿題をしたり自由に過ごしています。土曜日は行事、工作、料理教室等を行っています。行事の内容は、親子筍掘り&バーベキューや磯遊び、サマーキャンプ(2泊3日)通学合宿(6泊7日)みかん狩りやオセロ大会等です。区の行事参加は、敬老会出演や夏祭りのバザー出店(焼鳥・カレー)文化祭の時に餅つきをして区民の皆様にご馳走しています。
 子ども会とは合同の七夕会とクリスマス会を楽しんでいます。10年を過ぎ広場に来ていた子どもたちが中学、高校生となって、色々な行事に「スタッフ」として参加してくれるようになりました。

サマーキャンプ

サマーキャンプ

訪問日記

 平成30年10月1日(月)、下府2区アンビシャス広場を訪問しました。この日は通学合宿の初日でした。
 学校が終わると、通学合宿に参加する子どもたちが公民館に集合しました。ボランティアから通学合宿の注意点などの説明を受けた後、子どもたちは3つの班に分かれて、調理、掃除、配膳の仕事を分担します。
 今日の夕食はコロッケでした。調理を担当する子どもたちは、あらかじめボランティアが作っておいたコロッケのたねをまるめて、衣をつけます。そして、油がはねないよう滑らせる感じで、鍋にコロッケを入れていきます。最初はおっかなびっくりの手つきでしたが、だんだんと慣れてきて、スムーズにコロッケを入れるようになりました。
 配膳を担当する子どもたちが、おかずやご飯を並べます。並べ終わると、調理担当の子どもが「いただきます」と号令をかけ、夕食が始まりました。子どもたちは、揚げたてのコロッケをおいしそうに食べていました。
 この日は、広場を卒業した高校生が手伝いに来て、コロッケの揚げ方や包丁の使い方を子どもたちにアドバイスしていました。通学合宿の最終日前夜のお楽しみ会では、広場を卒業した中学生がきもだめしを催し、子どもたちを楽しませるそうです。
 広場を巣立った子どもたちが、また広場で手伝いをする好循環が生まれている広場でした。(青少年育成課)

フォトアルバム

  • 通学合宿の説明です

  • 合宿に使う公民館を掃除します

  • コロッケうまくできるかな

  • いただきます

代表者氏名 持山 晴樹
所在地 糟屋郡新宮町下府5-2-14
施設名 下府二区公民館
連絡先 092-963-2351(笠昌三郎)
開所日 火・土
対象地区 下府二区
ホームページ
備考

広場一覧へ戻る