HOME > アンビシャス広場 > 福津市

ふくまアンビシャス広場

●福津市

このような活動を行っています

 ふくまアンビシャス広場は開設6年目を迎え、開設時の1年生が6年生に。
たま~にしか姿を見せない子どももアンビでいつものように過ごす様子を見ると、ここが子ども達の居場所のひとつになっているんだなと実感します。
 ふくまアンビでは、毎年夏休みに、プロの家具職人の方を講師に、木工の体験活動を行っています。これまでベンチや本棚、ボールの収納箱など作ってきましたが、今年は、みんなで遊べる特大スマートボール台を作製しました。のこぎりや金づちだけでなく、本格的な道具も使い、保護者も一緒に楽しく、そして真剣に取り組んで見事完成。11月には、国分アンビシャス広場へ訪問し、こま回しの腕をあげたり交流をしました。ドラマスクールでは、低学年を中心に遊びながら五感を使った様々な表現活動を体験しました。今後も“子ども達の居場所づくり”を中心に、大人も一緒に楽しめる体験活動なども取り入れながら続けていきたいと思っています。

夏休み木工教室の様子

夏休み木工教室の様子

訪問日記

 平成30年11月6日(火)、ふくまアンビシャス広場を訪問しました。この日の活動は、自由遊びでした。
 この広場は、福間小学校の空き教室に開設されています。学校が終わった子どもたちが、「こんにちは!」と元気よくあいさつをしながら広場に集まってきました。
広場に来ると、子どもたちは宿題を始めます。分からない問題がある子が、ボランティアの方に質問しています。ボランティアの方は、少しずつヒントを出しながら、子どもが自分で考えるように促します。しばらくすると、答えをひらめいたようで、質問した子どもはすっきりとした表情を浮かべていました。
 宿題が終わると、体育館で自由遊びです。子どもたちは、みんなでキャッチボールをしたり、バスケットゴールにボールを投げたりして、思い思いに大好きなボール遊びを楽しんでいました。
 体育館の隅では、子どもたちがボードゲームで盛り上がっています。いくつもの小さな穴があいたボードに、釣竿のような磁石つきの棒をたらして魚をつるゲームで、さいころを投げて出た目の回数だけ、釣ることができます。「1回で二匹もつれた!」などと言いながら、子どもたちは盛り上がっていました。
 ボランティアに見守られながら、子どもたちがみんなで仲良く遊ぶ姿が印象的な広場でした。
(青少年育成課)

フォトアルバム

  • 仲良くボードゲーム

  • シュート!

代表者氏名 山口 恵美
所在地 福津市西福間2-4-1
施設名 福間小学校
連絡先 090-6635-5396(山口 恵美)
開所日 火・木
対象地区 福間小学校区
ホームページ
備考

広場一覧へ戻る