HOME > アンビシャス広場 > 京都郡 みやこ町

節丸アンビシャス広場

●京都郡 みやこ町 ※第7回(H21年度)

このような活動を行っています

 平成13年にアンビシャス運動に申請し承認されてから、早14年の月日が経ちました。初めは、どんなことに取り組んでいけばよいのか、役員全員で協議・検討しながら、ひとつひとつ次年度につながるように実施していきました。2年目からは、月毎に計画が実施でき、その活動が継続性のあるものになるよう取り組みました。また、「地域の子どもは地域で育てよう」を合言葉に全員が一致団結して取り組み、「継続は力なり」を心に秘め、取り組みがマンネリ化しないように続けています。
【年次計画】4月~総会、6月~田植え、10月~稲刈り、11月~野外クッキング、12月~餅つき、3月~まとめ
 このような年間行事計画を立て、毎年過ごしてきましたが、これからも肩に力を入れることなく、ゆっくりとみんなが疲れないように、アンビシャス運動を続けていきたいと思います。一年一年止まることなく、一歩一歩歩いていくように頑張ります。

田植え

田植え

訪問日記

 令和元年10月1日(火)、節丸アンビシャス広場を訪問しました。この広場は、小学校に隣接する学習等供用施設に開設されています。今日は自由遊びの日でした。
 学校が終わった子どもたちが、「こんにちは」のあいさつとともに、広場にやってきました。子どもたちはさっそく宿題を始めました。真剣な表情で、算数や国語のドリルを進めていきます。
 宿題が一段落すると、自由遊びの時間です。ピアノを弾いたり、紙ヒコーキを飛ばしたりと、子どもたちは思い思いに過ごします。そのうち、ネットに見立てた洗濯ロープを張り、バレーボールが始まりました。ワンバウンドして相手コートに返してもよいルールで、低学年の子どもでもラリーが続きました。子どもたちは息をはずませながら、バレーボールを楽しんでいました。
 バレーボールを終えると、かるたとりが始まりました。京築地方の自然や史跡、人物、物産等が織り込まれている「京築かるた」を使ったかるたとりです。子どもたちは、このかるたに慣れており、素早い手つきでかるたを次々ととっていきました。
 子どもたちが生き生きと過ごす場を提供している広場でした。(青少年育成課)

フォトアルバム

  • 真剣に勉強中

  • ピアノを演奏しています

  • バレーボールを楽しんでいます

  • 素早い手つきでかるたとり

代表者氏名 原田 正文
所在地 京都郡みやこ町節丸750
施設名 節丸学習供用施設
連絡先 0930-23-1747
開所日 月・火・水・木・金・土
対象地区 節丸小学校区
ホームページ
備考

広場一覧へ戻る