HOME > アンビシャス広場 > 行橋市

みのしまアンビシャス広場

●行橋市

このような活動を行っています

 みのしまアンビシャス広場は、蓑島公民館を拠点として週2回、放課後や休日に開所しています。体験活動としては、校区行事の春、秋祭りやどんど焼きなどに積極的に参加し、大人とのふれあいや伝統行事の所作などを見て体験する大変いい機会となっています。他には、ソーメン流し、クリスマス会、料理教室に文化祭の餅つきなど食事付の催会も人気があるところです。又、体育振興会の協力を得て、グランドゴルフ、ウォーキングラリー大会などに参加し、大人と一緒にプレーすることでルールを守り、お互いにゆずり合う団体行動の大切さも体験させることができました。尚、広場の様子を知らせる写真入りの「広場だより」を2ヶ月に一回、校区全世帯に配布しています。

そうめん流し

そうめん流し

訪問日記

 令和元年10月27日(日)、みのしまアンビシャス広場を訪問しました。
 今日はパステルアートを作りました。子どもたちは、チョークの形をした色とりどりのパステルを削り、削り粉を指で紙に押し広げ、色をつけていきます。
 まず、背景づくりです。ボランティアの方から、背景は暗い色がいいよ。とアドバイスを受け、子どもたちは青や紫、緑などの色で背景の色をつけていきました。
 次にろうそくの形をした型紙を置き、色を重ねていきます。子どもたちは、「どの色にしようかな」と迷いながら、様々な色のろうそくを描いていきました。
 最後に、光などの装飾の色を付けたら、完成です。ボランティアの方から、「きれいだね」と褒められると、子どもたちはうれしそうにしていました。
 このパステルアートは、地元のGM(グランドマザー)クラブの方がボランティアとして指導してくれます。また、今回作った作品は、一週間後の地域の文化祭に展示するそうです。
 地域の方と子どもたちとが触れ合いながら、活動を楽しんでいる姿が印象的でした。(青少年育成課)

フォトアルバム

  • パステルアートの説明です

  • 背景の色をつけていきます

  • ローソクの形に色をのせます

  • みんなの作品

代表者氏名 佐藤 勝義
所在地 行橋市大字蓑島179-2
施設名 蓑島公民館
連絡先 0930-22-5010
開所日 水・土又は日
対象地区 蓑島小学校区
ホームページ
備考

広場一覧へ戻る