HOME > アンビシャス広場 > 小郡市

みくにっこアンビシャス広場

●小郡市 ※第4回(H18年度)

このような活動を行っています

 放課後の居場所として三国小で週2回ひろばを開設しています。月曜の和室ひろばは、地域の方々が見守る中、子どもたちが工作やゲームをして思い思いに過ごしています。木曜の体育館ひろばは、バドミントンやボール遊びで元気いっぱいからだを動かしています。イベント・体験学習は、桜コンサート、サツマイモ作り、夏休み見学会、お月見会、クリスマス会などを継続しています。今年13回目のお月見会は、三国小校区協働のまちづくり協議会と共催したことで名実共に校区の行事となりました。三国中学校コーラス部、小郡音楽祭ミュージカルカンパニーなど出演者4組によるコンサート、住民代表の方々による「名月さん」の思い出語りともちつき大会を行い、来場者、出演者、運営ボランティアの合計433名の参加でした。開設時から毎月広場の予定や活動報告を掲載している通信も150号となりました。今後も活動の楽しさを伝えていければと思います。

お月見コンサートの様子

お月見コンサートの様子

「広場訪問」

 平成30年9月6日(木)、みくにっこアンビシャス広場を訪問しました。子どもたちは広場に集まると、それぞれ自由に遊び始めました。
 バドミントンをしている低学年の子どもたちは、なかなかうまくラリーを続けることができません。ボランティアに教えてもらいながら練習をして、少しずつ上達していました。高学年の子どもたちは、白熱したラリーを繰り広げます。前後にショットを打ち分けたり、スマッシュを打ったりしてバドミントンの羽根を必死で追う顔は、真剣そのものでした。
 バスケットボールをしている子どもたちは、地域のクラブチームに所属している子どもが中心になって遊びます。低学年でうまくドリブルができない子どもには、ボールを持って走ってよいなどの特別ルールを作ったり、シュートをする際にブロックをしないなどして、みんなが楽しめるように工夫していました。
 ドッジボールをしている子どもたちは、どうやったら相手に強いボールが行くのかを試行錯誤していました。うまくいって相手がボールを落とすと、ガッツポーズをして大喜びしていました。
 子どもたちが、時間いっぱいまでのびのびと遊ぶ姿が印象的な広場でした。
                          (青少年育成課)

フォトアルバム

  • サーブを打つよ!

  • スマッシュするぞ

  • よーく狙って・・・

代表者氏名 伊藤 浩一
所在地 小郡市力武1012
施設名 三国小PTA会議室棟
連絡先 090-1872-8047(小屋松)
開所日 月・木
対象地区 三国小学校区
ホームページ
備考

広場一覧へ戻る